安佐北区・K様邸 http://lsh9.blog03.linkclub.jp/ ライフステージハウス ja-jp 2017-09-21T10:17:06+09:00 安佐北区・K様邸 http://lsh9.blog03.linkclub.jp//index.php?itemid=179920 2010/01/29(金) 「上棟」AM7:45、上棟の朝を迎えました。集まった大工さんたちが、上棟の準備を始めています。登校途中の子供たちも、何が始まるのかと興味深々・・・。AM8:00、クレーンが設置され、上棟の始まりです。「構造パネル」を満載したトラックの到着です。一枚目の壁パネルが吊り上げられます・・・。天候は晴れ、風は無風。上棟には最高の天気ですね。壁パネルが床にタッチダウン!ここから壁組のスタートです!K様邸の工法は「枠組壁工法(2×4)」です。工場で組まれたパネルを、現場で組み立てていきます。地震や火災に強く、品質も安定した工法です。アメリカから導入されて30年、今ではスタンダードな工法ですね。それでも知識と熟練の技が必要です。五人の大工さんたちも、多くの経験を持った方たちです。建て起こした壁の垂直度を計測しています。ミリ単位の誤差を修正しながら作業をおこなっています。1階の壁を起こし終わったら、続いて2階の床組みです。床パネルも工場で組まれています。そのパネルを慎重に設置し、釘で固めていきます。固めた床パネルの上には、構造用合板を張ります。今度は2階の壁パネルを起こします。手馴れた手つきで作業していますね。瞬く間のうちに2階の壁が組み上がりました。ここで昼食休憩です・・・。PM1:30、午後の作業開始です。2階の天井を組立、小屋壁を起こしていきます。建物の外観が現れてきました!とても高い場所での作業が、この写真で分かりますね・・・。小屋壁が組み立てられ・・・。さらに屋根垂木が乗せられました。そして一気に屋根板(野地板)を張っていきます。一通りの作業を終えた大工さん。右手がK様邸の棟梁を務める有田さん。その隣は応援に駆けつけてくれた山縣棟梁の姿が・・・。建物の全体にシートを掛け、これで本日の作業も完了です。無事にK様邸の上棟も終わりました。 .. 2010-02-03T15:21:57+09:00 安佐北区・K様邸 http://lsh9.blog03.linkclub.jp//index.php?itemid=179911 2010/01/26〜28 「上棟準備」基礎が完成すると、仮設の足場を組み立てます。そして大工さんが土台や大引き材を設置します。これで「基礎断熱材」の吹付け準備の完了です。そして断熱材施工の当日。天気も良く、絶好の吹付け日和となりました。施工はマルフジフォーム工業さん。完全防備で施工にあたります・・・。二液を混合した断熱材を、高圧で吹付けていきます。吹付けると、混合されているガスの力で膨らんでいきます。膨らみ、固まると鮮やかな緑色になります。基礎と土台の間も、しっかりと断熱材が充填されていますね。断熱材の吹付け工事が終わると、引続き床組みです。ここはユニットバスが設置される場所です。断熱材に囲まれる為、真冬でも浴室は暖かいですね。床組みが終わると、「タイトプレート」を敷き詰めます。これは保冷暖材で、省エネルギーを推進する部材です。さらに調湿材の「スカットール」を敷き詰めます。緑一面から「白一面」に変わった基礎の内部・・・。この後、床合板を張り終えると上棟準備の完了です。 2010-02-03T13:41:29+09:00 安佐北区・K様邸 http://lsh9.blog03.linkclub.jp//index.php?itemid=179906 2010/01/15〜25 「基礎工事(後半編)」基礎の底盤コンクリートが固まると、続いて「立ち上がり部」の型枠を組み立てます。これが型枠の全景です。基礎と建物を緊結する「アンカーボルト」も設置されています。そしてコンクリートの打設です。その前にコンクリートの品質チェック!設計による指示通りの品質であるかを、現場で確認します。これは「スランプ」のテストです。コンクリートの流動性が分かり、強度も確認できます。その他、数項目についても品質をチェックします。建物を支える基礎だからこそ、現場でのチェックは必須ですね!さぁ、立ち上がり部コンクリートの打設スタート!コンクリートを流し込み、バイブレーターの振動で隅々まで充填していきます。さらにコンクリートを上から押さえつけ・・・。仕上げは「オートレベルモルタル」を流し込み、基礎の天端を均一の高さに揃えていきます。そして全面にシートをかけて養生します。一週間程度で、予定している強度の70%まで固まっていきます。コンクリートが固まると、型枠を取り外します。最後に「玄関ポーチ」のコンクリートを打設したら完成です。こちらは「エコキュート」の架台ですね。 2010-02-03T12:20:48+09:00 安佐北区・k様邸 http://lsh9.blog03.linkclub.jp//index.php?itemid=179682 2010/01/06〜14 「基礎工事(前半編)」新年が明け、安佐北区・k様邸の工事が始まりました。まずは基礎の底部を掘り進めます。続いて砕石を敷き詰め、しっかりと突き固めます。砕石の上に「白蟻対策」の薬剤を散布し、基礎外周部に「捨てコンクリート」を打設します。工場で加工された鉄筋も入荷されたようですね。砕石の上に「ビニールシート」を敷き込んでいます。これは土中からの「湿気」を防ぐためのものです。真ん中に見えるのは「御鎮物」です。地鎮祭で宮司さんから預かっていたものですね。ここからは「鉄筋組立」です。まずは外周部から組み立てていきます。続いて基礎の底盤になるスラブの組立。そして鉄筋が組みあがった状態です。安佐北区・k様邸は「長期優良住宅」に申請しており、通常の基礎に比べて多くの鉄筋が使用されています。配管も立ち上がり、これで鉄筋の組み立ても完了です。第三者機関による「鉄筋検査」も合格し、スラブにコンクリートを流し込みます。これで基礎底盤部の完成です。全面の道路を掘削していますね・・・。これは敷地に「上水」の引き込みをおこなっています。水道の本管から分岐すると、敷地に上水が通水します。 2010-01-29T10:37:07+09:00 安佐北区・K様邸 http://lsh9.blog03.linkclub.jp//index.php?itemid=179206 2009/12/26(土) 「着工会」午前の「地鎮祭」に続いて、午後から「着工会」です。「着工会」は、お施主様と工事関係者とのお見合いです。お施主様を知る事で、工事関係者も気持ちの入り方が違うものです。持てる「匠の技」を100%発揮してくれる事を、目的としています。午後1:20、お施主様のご到着。「着工会」前に、プラン仕様の打ち合わせです。午後1:30、工事関係者が続々と来社されています。席に着くなり、配布された図面を確認する業者さん。午後1:45、「着工会」の事前打ち合わせです。本日のテーマは「感動」です。全員で感動を創り出す事を確認します。午後2:00、定刻となりました。扉を開くと、全員が拍手でお施主様をお迎えしています。拍手の中を進まれるお施主様。少し照れながらの入場です!お施主様が着席され、いよいよ「着工会」のスタートです。楽しみと同時に、緊張も高まります・・・。始めに当社代表からの挨拶と、お施主様のご紹介です。お施主様の想いを代弁して、参加者に伝えます。そしてお施主様よりご挨拶いただきます。少し緊張のご様子ですが、私たちへの期待を言葉にされました。続いて工事関係者の自己紹介です。精一杯の笑顔?で挨拶する業者さん・・・。顔はいかついですが、心と腕前は保証します!一人ひとりが、お施主様にご挨拶します。お施主様も、真剣に聞き入っておられるご様子。最後は有田棟梁です。若いながらも信頼できる大工さんです。自己紹介が終わると、現場での諸注意です。現場におけるルールの「現場十か条」を、現場監督が説明します。続いて設計における質疑応答。各業者さんから質問が寄せられます。お施主様の目の前で、沢山の質疑と応答が飛び交います。一時間に渡る着工会も終盤です。再度お施主様からのご挨拶です。お施主奥様からもお言葉をいただきます。「皆さんにお任せしました。」とても嬉しく、期待の大きなお言葉ですね・・・。最後は恒例の「三本締め」で!工事の安全とお施主様の幸せを願って・・・!お見送りの拍手の中、会場を出られるお施主様。「着工会」は、その笑顔を作るための一時間だったのです。各業者さんが帰られます。お土産は美味しいシュークリームの詰め合わせ。本当に、ありがとうございました。お施主様も帰途につかれます。地鎮祭、着工会と、とても忙しい一日だったことでしょうね・・・。お施主様、本当にお疲れ様でした。 .. 2010-01-17T16:54:01+09:00 安佐北区・K様邸 http://lsh9.blog03.linkclub.jp//index.php?itemid=178813 2009/12/26(土) 「地鎮祭」本日は「地鎮祭」です。年末の慌しい時ですが、お施主様にとっては大切な日です。その想いに応える為にも、心を込めて準備しました。綺麗な円錐形の「盛り砂」です。いよいよ工事が始まるぞ!という緊張感が高まります。定刻前にご到着された、お施主様ご家族。式典前の記念スナップです!お施主奥様のご両親様も参加され、地鎮祭が始まりました。「清め祓いの儀」が終わり、低頭して神様をお迎えします。そして「祝詞奏上」で工事の安全と、ご家族の繁栄を祈願します。続いて「敷地四方祓いの儀」です。宮司さんと一緒に、敷地を清めてまいります。ここからはセレモニーです。始めにお施主様による「草刈の儀」です。土地の草木を刈り取り、工事の始まりを知らせます。続いてお施主奥様による「鍬入れの儀」です。土地を開墾し、敷地として開いていきます。最後に弊社代表による「鋤取の儀」です。エイ!エイ!エイ!の掛け声で、敷地を均していきます。崩した「盛り砂」の中へ「鎮め物」を埋設する宮司さん。今回も草津八幡宮さんによる執り行いです。セレモニーが終わると、祭殿にて祈願します。新しい住まいに希望を持たれ、沢山の幸せを祈願されているのでしょうか・・・。お施主奥様とお嬢ちゃん!子供さんの成長も、一段と楽しみでしょうね!地鎮祭に駆けつけられたお父様。親御さんだけに、子供さんの家創りには御心配のようです・・・。お母様には「宜しくお願いしますね!」と念を押されました。どうぞお任せください! 期待を超えた家創りに務めてまいます!これで式典は終わりです。低頭して神様を見送ります。最後に御神酒で乾杯です。お嬢ちゃんにも杯をどうぞ!工事の安全と、ご家族の幸せを祈念して、乾杯!厳かに土地鎮めの儀を終え、ご家族でのスナップ。この笑顔がさらに輝きますように・・・!式典の片付けも終え、静けさを取り戻した建築予定地。年明けには「安佐北区・K様邸」の工事が始まります!土地契約の遅れから年末となりましたが、いよいよ安佐北区の地に「K様邸」着工の運びとなりました。そして冷え込み厳しい師走の午前、待望の「地鎮祭」の日を迎えました。この地の神様を鎮め、敷地を祓い、そして工事の安全とご家族の繁栄を祈願する。草津八幡宮さんによる土地鎮めの儀、無事に終了いたしました。そして年明けには着工です。「共に幸せになる家創り」の理念の基、お施主 .. 2010-01-09T19:22:19+09:00